ホーム » その他 » 事件・事故 » 徳島ラジオ商殺人事件

501 名前:本当にあった怖い名無し :2010/05/26(水) 01:20:37
徳島ラジオ商殺人事件って事件がすげー後味悪い。

徳島の民家に強盗が侵入して夫を殺害して逃走
→妻と子は男が侵入したと証言
→チンピラを犯人として逮捕するも確証はなし
→捜査が長引いたのにやきもきした検察が警察とは別に独自捜査開始
→検察は速攻、夫の店で働いていたバイトを逮捕
→バイトを脅しつけて妻が犯人だと証言させる
→妻、夫殺害の罪で逮捕
→妻、無罪を主張するも有罪確定、刑務所へ
→真犯人が出頭
→妻はえん罪を主張し続け、裁判を起こすがこれまた敗訴
→バイトも検察に脅されて嘘を言ったと告白するが、さらに検察が圧力をかけてくる
→30数年後にやっと妻の無実が証明される、しかしすでに妻はこの世を去っていた。


502 名前:本当にあった怖い名無し :2010/05/26(水) 02:00:53
ひどすぎる
後味どころか極悪じゃないですか

503 名前:本当にあった怖い名無し :2010/05/26(水) 05:23:04
自衛官の変死事件も徳島だったよね。
どう考えても自殺じゃない状況なのに、自殺とされてしまってる事件。
徳島って警察だけじゃなくて検察もそんななのか…

504 名前:本当にあった怖い名無し :2010/05/26(水) 11:52:52
関係ないが昭和の神隠し松岡伸矢くん事件も徳島だな

505 名前:本当にあった怖い名無し :2010/05/26(水) 12:57:12
徳島出身なんだけど、うちに泥棒が入ったときも一度指紋採取っぽい事しただけで放置だった。
「子供のいたずらでしょう。」とかで終わった。

 

徳島ラジオ商殺し事件 (新風舎文庫)
徳島ラジオ商殺し事件 (新風舎文庫)
裁判官はなぜ誤るのか (岩波新書)
裁判官はなぜ誤るのか (岩波新書)
片隅の迷路 (創元推理文庫)(小説)
片隅の迷路 (創元推理文庫)(小説)


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...