ホーム » 小説 » 児童文学・絵本・昔話 » 絵のない絵本/第十六夜(アンデルセン童話)

555 名前:本当にあった怖い名無し :2010/05/29(土) 02:34:35
アンデルセンの『絵のない絵本』より。
この本は、2~3ページ程度の短編 数十話の寄せ集めでできている。
後味が悪いってのとは少し違うけど、道化師の恋。

ある芝居小屋に、せむし男の道化がいた。
ずんぐりむっくりの彼の一挙手一投足はことごとく滑稽で、観客に人気があった。
生まれつきの奇形で幼い頃から笑い者にされて育ったが、
実は内面の知能はなかなか優れていて、ウィットに富み情感の機微も豊かだった。
だが、そうした頭の良さゆえ、自分の醜い容姿の置かれた立場を理解し
滑稽な道化師として仲間内でさえひょうきんに振舞っていた。

彼には、密かに想いを寄せる娘役者がいた。
でも彼女は、彼のことは男の範疇外の愉快な友人として気さくに接し、
一座の中の別のスマートな男役者と結婚した。
結婚式の日、道化師は二人のために誰よりもニコニコと振舞った。

やがて、幸せも束の間、新婚の彼女が急死してしまった。
夫の男役者は悲嘆に暮れ、座長から喪中の舞台を免除された。
花形役者だった二人が欠けても観客を失望させないよう、
道化師は人一倍ひょうきんなピエロを演じて客を楽しませなければならなかった。
舞台が引けた夜、道化師は一人で彼女の墓に行き、そこに腰掛けて泣いた。
夜の墓地に佇む異形の男は、怪物の挿絵のように滑稽に絵になる風景だった。


556 名前:本当にあった怖い名無し :2010/05/29(土) 03:33:04
>>555
胸が痛い

 

絵のない絵本 (岩波文庫)
絵のない絵本 (岩波文庫)
絵のない絵本 (角川文庫)
絵のない絵本 (角川文庫)
絵のない絵本 (若い人の絵本)
絵のない絵本 (若い人の絵本)


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...