ホーム » スレ別 » 後味の悪い話 その116 » ネバーエンディング・ストーリー 遥かなる冒険

986 名前:自治スレでローカルルール他を議論中 :2010/10/11(月) 15:43:18
ネバーエンディングストーリーを思い出した。

映画はいじめられっこが不登校してファンタジー小説を読んでると、
いつの間にか小説と現実が曖昧になって
最後は小説内の世界を救って、ついでにいじめっこもやっつけてヒャッハー!

小説は↑2行までは同じ。
小説内の世界を救った主人公は、新しい王様としてまつられる。
その世界は想像力が現実に影響を与える世界。
いじめられっこの主人公は妄想力には炊けていたので
想像力を駆使して様々な奇跡を起こす。
ちやほやされるうちに、どんどん有頂天になっていく主人公。

でも実はその世界で力をふるうと、記憶が少しずつ失われていく。
そして全ての記憶を失ったら力をなくしてしまい、元の世界にも帰れなくなる。
ファンタジー世界の隅っこには、そうやって消費してきた元王様達がたくさんいた。
事実を知った主人公は、何とか元の世界に戻ろうとあがくが
すでに記憶の大半を失っていて帰り道がわからない。
最後は家族の記憶をどうにか取り戻し、いい人達の手助けもあって何とか帰還する。

映画見て小説読んだ人は、雰囲気の違いに唖然としたと思う。


988 名前:自治スレでローカルルール他を議論中 :2010/10/11(月) 16:06:37
>>986
それは長いから読んだことないけど、エンデの作品ならいくつか読んだことある
エンデはファンタジーのことを
「現実から逃避する手段ではなく、現実に到達するための手段だと考えている」とか言ったらしいな

 

ネバーエンディング・ストーリー 遥かなる冒険 [DVD]
ネバーエンディング・ストーリー
遥かなる冒険 [DVD]
はてしない物語 (エンデの傑作ファンタジー)(原作)
はてしない物語
(エンデの傑作ファンタジー)(原作)


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...