ホーム » 小説 » 小説/さ行 » 空飛ぶ窓(小松左京)

330 名前:自治スレでローカルルール他を議論中 :2010/10/21(木) 22:28:41
軽めなのを。小松左京。

『空飛ぶ窓』
雪国に住む夫婦とその幼い娘。
ある日、娘が学校からの帰り途中で「窓」を見たと夫婦に告げる。
「窓」は開けた草地の真ん中にぽつんと浮かんでいたらしい。
夫婦は幻か何かだろうと気にも留めなかったが、その翌日、娘から窓の向こうで
拾ったというヤシの実を見せられたため、一緒に見に行くことにする。
現地に行ってみると本当に窓があった。
観音開きとなっており、向こう側には南国の島国の風景が広がっている。
後ろに回ってみると、そちらからはなぜか宇宙空間が見えていた。
気味悪がって離れようとする夫婦だが、既に一度中に入っている娘は
物怖じせず、制止の声を聞かずに入ってしまう。仕方なくそれを追う夫婦。
だが、「なんなんだここは」と話しているうちに、背後からパタンという音が…。

場面変わって数日後。警官達が、夫婦と娘の捜索が進まないことをぼやいている。
数日前に姿をくらませたきり、全く足取りが掴めないのだ。
そのそばでは、捜索に協力している村人達が薪をして暖を取っている。
寒さ厳しい雪国の話だ。薪にくべる木は貴重で、そこら中からかき集めている。
そして積み上げた木片の中にはあの「窓」があり…村人達はそれを火にくべてしまう。
燃え上がった瞬間、何か妙なものが見えた気がしたが、見間違いだろうと判断されてEND。

※この「窓」は、元々は廃校となった学校のもので、宇宙好きの少年と南国に憧れていた
 少女が、いつもその窓越しに外を眺めながら夢想していた、という説明あり。

夫婦と娘が帰れなくなっただけか焼かれたのかは不明だけど、なんか、むごい…w

 

石 (ふしぎ文学館)
石 (ふしぎ文学館)
空飛ぶ窓 (文春文庫)
空飛ぶ窓 (文春文庫)


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...