ホーム » 小説 » 小説/や行 » 誘拐(阿刀田高)

905 名前:本当にあった怖い名無し :2010/11/10(水) 03:00:05
阿刀田高「誘拐」

商店主の五歳の子供が誘拐された
身代金1000万円を要求する連絡があり、商店主は迷った挙句警察に通報する
情報の少なさから迷宮入りか?と思われたが、思わぬ展開で犯人は逮捕される
尿意をもよおした警官が立ち小便していると、近くの公衆電話で犯人が脅迫の電話をかけていたのだ
黙秘を続ける犯人を捜査主任が尋問する
「あんた子供はいないのか?心配する親の気持ちがわからんのか?」
「いえ、よくわかります、どんなに心配しているだろうと‥‥」
「それじゃあ全部話せ!お前の氏名は?住所は?子供はどこに隠した!?」
「‥‥け、けど、お巡りさんが立ち小便をしなければ、警察は私を捕まえることが出来たんでしょうか?」
「バカなことを言うな!どの道悪いことをした奴はみんな捕まるんだ!」
男が観念した様子を見て、捜査主任の頭に事件解決後の祝杯や表彰が浮かぶ
「刑事さん、子供は元気です、隠した場所も言います、でも‥‥」
「でも?なんだ?」
「その前に、私が何故誘拐なんかしたかを聴いてください」
「よし、言ってみろ」
「実は‥‥私の子供も身代金1000万円誘拐されていて‥‥
 あの、刑事さん、立ち小便がなくても本当に犯人は捕まるんでしょうね?」


907 名前:本当にあった怖い名無し :2010/11/10(水) 04:08:07
>>905
ごめん、わろたwww
それ後味悪いどころかコントだろ

後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...