ホーム » テレビ » その他テレビ » ドッキリカメラ打ち切りの理由

690 名前:本当にあった怖い名無し :2011/01/21(金) 18:39:11
かなり昔のドッキリカメラの一エピソードを書く。
お婆さんが一人暮らしをしてる家にいきなり撮影隊が来て、息子が帰ってくると告げる。
戦死したと思われてた人が実は生きてて帰国したニュースが話題になってたころで、
最初は不信そうだったお婆さんは泣き笑いになり、取材陣にお茶を出そうとしてみたり、
「ありがとうございます」と何度も深く頭を下げてみたり。
そこでいつものように「ドッキリカメラ、大成功!」のプラカードが出され、
あーそうなのーという感じで終わりになるかと思ったら、お婆さんは激怒。
その場の責任者と思われる人が頭を下げてもお婆さんの怒りは収まらず、
その後しばらく外からお婆さんの家を撮影してる映像になっていたが、
最終的には「謝罪と話し合いの結果怒りを収めていただくことができました」
というようなテロップが出て終了。その他の説明も後日談もなかったと思う。

691 名前:本当にあった怖い名無し :2011/01/21(金) 18:46:29
企画した奴は人格障害持ちだな、おぞましい。

692 名前:本当にあった怖い名無し :2011/01/21(金) 19:38:02
>>690
それひどいね、プロデューサーは無神経。
打ち切りになった原因はそういったことの積み重ねがあったのかも。

ドッキリカメラが打ち切りになった最終原因は、
たしかある和菓子屋での話だと思った。
街でビラを配り特別セールを告知するという仕掛けで、
それを知らない店の主人は激怒、
実は家族と制作側は打ち合わせが済んでいて
主人を引っ掛けるという企画だった。
でも怒りが収まらない社長。これで収拾がつかなくなり終わりに。


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...