ホーム » スレ別 » 後味の悪い話 その119 » あばしり一家(永井豪)

711 名前:本当にあった怖い名無し :2011/01/23(日) 18:42:14
上でいじわる婆さんの話上がってるので思い出した

永井豪の初期のギャグ漫画で「あばしり一家」より
あばしり一家は大悪人あばしり駄衛門を筆頭に四人の腹違いの兄弟が繰り広げるギャグコメディ
一家全員悪人で一人一人に膨大な懸賞金がかかっている
悪人ではあるけど家族の絆が強かったり対立組織のがあくどく描かれている、
基本的に弱い者いじめはしないので嫌な感じはしない

しかし末っ子の吉三(小学生)の学期末成績表にまつわるエピソードは後味悪い
吉三は暴れ者で自分に歯向かうものは例え教師でも徹底的に叩きのめすため恐れられていた
そして学期末、吉三の成績は体育を除いて1か2のひどいもの
担任の教師は気の弱い中年男性で同僚教師らに成績表渡しを押しつけられる
吉三の報復を恐れた教師は成績表を渡した途端窓ガラスをぶち破り二階から遁走
中身を知った吉三は担任を捕まえ暴力を奮って無理矢理オール5に書き替えさせる
相対評価成績表時代につき吉三を5にしたという事は他の誰かの成績を落とさなければならない
担任は5を持っている生徒の家庭を回り書き替えようとするが当然親と生徒にフルボッコ
だんだん傷つきボロボロになる担任とは正反対に吉三は家族にどや顔、父駄衛門は
「うちの子は皆優秀だなあ、死んだ母ちゃんにも申し訳が立つ」と嬉し涙
ラストは病室に担ぎ込まれた担任に奥さんが子供と見舞いに来るんだが
担任の姿は四肢欠損で全身包帯巻きのひどい姿
「泣くんじゃないよ、命が助かっただけでも儲けものだ」と笑顔で語る担任が悲しかった
この話の後も何回か担任は登場するんだけど四肢なし芋虫ままで奥さんが手押し車押してる状態で
(一応義手は付けてたかも?)そこだけ気分悪いままだった

 

あばしり一家 第1巻―完全復刻版 (少年チャンピオン・コミックス)(全15巻)
あばしり一家 第1巻―完全復刻版
(少年チャンピオン・コミックス)(全15巻)
あばしり一家 1~最新巻 [マーケットプレイス コミックセット]
あばしり一家 1~最新巻
[マーケットプレイス コミックセット]


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...