ホーム » スレ別 » 後味の悪い話 その121 » 美味しんぼ(雁屋哲)

759 名前:本当にあった怖い名無し :2011/05/06(金) 01:08:58.10
そういえば初期の美味しんぼでも落とし物にまつわる話あったな

年末、山岡と栗田が街を歩いていると兄妹と思しき少年少女がボストンバックを前にして悩んでいる。
声をかけると中に大金があるので警察に届けるところだったと言い、
二人は子供たちに付き添い最寄りの交番に行く事にした。
そこへ落とし主の老人が現れ礼も言わずに引ったくる。
山岡が一割はこの子たちに渡すべき、せめて礼を言ったらどうかと伝えると
老人はその必要はない、むしろお前たちが盗んだんだろうと子供たちに言い掛かりをつける。
反論する山岡や彼を庇う少年に老人は「生意気な奴らだ、名を名乗れ」と言うが
少年と少女の名前を聞いて顔色が変わる。
後日山岡と栗田はその老人に呼び出され、あの時の少年少女が
昔駈け落ちして家を飛び出した娘の子供、つまり孫だったので
仲を取り持ってくれと涙ながらに頼み込む。
いまさら図々しいと聞く耳持たない山岡だが結局折れて色々あり
老人は娘とも孫とも和解したと思わせる(はっきりしていない)ラスト。

じじいを救済する意味がいまだに分からない。
このじじいに育てられなかったからこそ少年少女はいい子に育ったんだろうし。


760 名前:本当にあった怖い名無し :2011/05/06(金) 10:45:44.96
そのいい子達の善行が更なる人の幸せを生み出しました、みんなもいい事しようぜ!
って話だろうね、意味を求めるなら。
救う理由がないから救わない、態度の悪い奴は泣きを見ろ、って話ではなかっただけの事。

後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...