ホーム » 小説 » 小説/わ行 » わが魂、久遠(とわ)の闇に(西村寿行)

92 名前:本当にあった怖い名無し :2011/05/23(月) 15:34:34.54
昔読んだ小説
主人公の妻子が旅行先から戻らず、行方不明になる
同日に会社社長が所有する小型機が南か北(忘れた)アルプスで遭難した
主人公は独自に調査を始め、妻子が小型機に同乗したことを知る
会社も事実を認め、賠償の話などが出る
(季節は2月か3月、この時点で生存は絶望視されていた)
しかし1ヶ月程して、奇跡的に生存者が発見される

93 名前:本当にあった怖い名無し :2011/05/23(月) 15:35:46.88
妻子以外の搭乗者はパイロット含め全員生還したのだが、
そもそも妻子は搭乗していないと言われてしまう
主人公は友人の助けを借り、再び調査を始める

結果、主人公の妻子は死んでいた
子は小型機が墜落する寸前、恐怖のあまり安全ベルトを外し、
母親(妻)に縋ろうとした所を衝撃で吹き飛ばされ、打ち所が悪く死んだ
生き延びたのはパイロット、小型機の所有者の社長、
社長の愛人のモデル(女)、銀行頭取、医者と弁護士、そして妻の7人
救出を待つ7人だが、小型機に食料は殆どなく飢餓に苦しむことになる

社長は子の遺体を食べようと提案し、当然反対する妻は
厨房の包丁を手に6人と対峙するも殺されてしまう


94 名前:本当にあった怖い名無し :2011/05/23(月) 15:37:14.27
6人は妻子の肉を食べ、骨までしゃぶり尽くした後、
“奇跡的”に救出されたのだった
復讐を誓う主人公は友人と共に、命を狙われながらも6人を追い詰める

結果、6人中、モデルの女を除く5人は主人公の手によって死亡
(内パイロットは仲間に絞殺され、食われた)
女は隙をつき山中に逃げたが、毒蛇に噛まれる
(作中に描写はなかったが、死んだものと思われ)
復讐はなったが、主人公の妻子は戻らない上に
主人公も追われる身となり、未来はない

そもそも主人公は当初、真摯な謝罪があれば6人を許すつもりだった
しかし6人(主に男、社長や頭取など、皆社会的地位が高かった)は
謝罪どころか主人公や友人の命を執拗に狙い、妻子の尊厳を踏みにじり続けた
いざ捕らわれると「金をやるから許せ」などと言う輩で
こんな奴らに最愛の妻子を食べられた主人公の気持ちを考えると
主人公無罪でおkだろう…と思ってしまう

もう一度読みたいが、タイトルも作者名も覚えていない


96 名前:本当にあった怖い名無し :2011/05/23(月) 16:55:55.19
西村寿行「わが魂、永久の闇に」だ。
しかも奥さんレイプされてたんだよね。

97 名前:本当にあった怖い名無し :2011/05/23(月) 17:10:12.40
>>96
おお、知ってる人が!ありがとう、早速捜してみるよ

妻はホテルで頭取にレイプされて、
その謝罪もあって小型機に乗せて貰ったんだったかな?
子供がモデルの女に懐いていたとか、そんな描写もあった気がする
モデルがコンビーフを見て拒絶反応を起こしたり、
社長がとにかく嫌なヤツだったり
(率先して人肉を食べて窘められる程だったような…
主人公妻の性器を食べてた気もする)


99 名前:本当にあった怖い名無し :2011/05/23(月) 20:10:30.34
カタルシスはあるけど、社会的救済はない系の後味悪さだね
結局全部失ってしまうし

 

わが魂、久遠(とわ)の闇に (徳間文庫)
わが魂、久遠(とわ)の闇に
(徳間文庫)


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...