ホーム » 小説 » 小説/か行 » 決壊(平野啓一郎)

246 名前:本当にあった怖い名無し :2011/12/06(火) 13:08:52.20
流れ豚切り

平野啓一郎の決壊も結構後味悪かった。

殺人事件が起きていて
主人公の弟が被害者になる。

主人公は昔から感情が薄くて、しかも頭が超イイし、犯罪とか起こしそうみたいな描写もアリ。
もしかしたら主人公が犯人では?ってミスリードしていて
実際途中からは作中で弟の嫁に犯人扱いされたり
マスコミに「犯人でしょう!」って糾弾されたりする。

最終的に犯人は若い男の子で男の子へ教唆を行ったのは
下巻でいきなり出てきた男で作中の絡みはたいしてナシ。
(実行犯よりも教唆の男の方が作中では重要なキャラクター)

主人公は疑いは晴れたものの特に慰労されるでもなく
マスコミの取材攻勢でぼけた母親にも「あんたが死ねばよかった」って言われるわ、
今まで周りにもすごく優しくしてきたのに同僚にも「あの人は犯罪を起こすかも…」とかって
証言されるはで主人公は疲れたっていって最後自殺。
カタルシスもなにもなかった。

話自体も後味悪いんだけど、教唆した犯人がいきなり出てきた男ってのも
小説的にどうなの、と思って後味悪かった…

 

決壊〈上〉 (新潮文庫)
決壊〈上〉 (新潮文庫)
決壊〈下〉 (新潮文庫)
決壊〈下〉 (新潮文庫)


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...