ホーム » スレ別 » 後味の悪い話 その126B » プレデターズ エヴォリューション

419 名前:本当にあった怖い名無し :2011/12/17(土) 14:32:37.92
このあいだ見た映画が後味悪かったので書いてみる。
あらすじをまとめるのも文章を書くのも下手なので、分かりにくかったらゴメン。
更に携帯からなんで改行もおかしかったらゴメン。

登場人物
工場を息子に任せて引退した父親。
農業を営みながら父親と森の管理をする兄。
工場を継いで兄や父親など一家を養う弟ニコラ。
ニコラの会社で農薬の研究開発をしているニコラの娘クレール。
クレールの交際相手の青年医師ナタン。

妊娠しているクレールとの結婚・出産を望むナタンだが、
クレールは研究と父親の会社の発展のために今は結婚できない、子供も堕胎すると言う。
これまで同様の理由で何度も結婚を先延ばしにされていたナタンは堕胎の話にさすがに怒り、
ニコラと直談判するため、巨大な猪を狩りに森に入る父親と兄弟に同行する。


420 名前:本当にあった怖い名無し :2011/12/17(土) 14:34:03.32
続き
森の水源では動物や魚達が大量死。
原因はニコラが他社との競争に勝つため研究結果を改竄していた農薬が地下水まで汚染していたこと。
そこで初めて事態を知った父親と兄。
娘のクレールは農薬の問題を把握しており、その後始末や事態の揉み消しもあっての結婚延期だった。

猪達も農薬の影響で狂い、凶暴化して動物や人間を襲い、父親が犠牲になる。
襲われる父親や父を助けようと必死だった自分達を見捨てて逃げた弟に兄は激怒し、
猪から逃れるために登った樹上で争うが、弟に突き落とされて殺される。
ナタンはニコラが逃げる時に放り出した携帯を命懸けで探し出し、ニコラを連れて山小屋まで退却。
追ってきた猪を罠に嵌めて山小屋を燃やしたところでニコラがナタンを襲う。
兄を殺した場面を見られたため口封じにナタンをも殺そうとするが、逆にナタンに撃たれて死亡。


421 名前:本当にあった怖い名無し :2011/12/17(土) 14:35:16.36
もいっちょ続き
続き
直後、クレールとニコラの妻が車で駆けつけるも、死んでいなかった猪に襲われて妻も死亡。
何とか車に逃げ込むが、横転させられた拍子に腹部に木の枝が刺さりナタンは大怪我を負う。
身動きできないナタンを助けようとするクレールだが、何もしないうちに猪に襲われ悲鳴。
ナタンは自力で枝を折って車から出て、猪を殺してクレールを助ける。
無理をしたせいでナタンは瀕死。
枝を抜こうとするクレールを制して救急車を呼ぶよう指示。
電話が繋がるのを待つ間にニコラの射殺体を見つけたクレールが、電話を切りナタンを見殺しにして終了。

ニコラは最初から最後まで何の役にも立たない下種。
クレールもある意味ニコラと同じ穴の狢。
そんな女と結婚するために狩りに参加して、彼女を守るために瀕死になって、
彼女に見殺しにされたナタンが気の毒すぎた。
原因を作った側の人間が死なずに生き残ってるのも後味悪かった。

 

プレデターズ エヴォリューション [DVD]
プレデターズ エヴォリューション [DVD]


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...