ホーム » 小説 » 小説/な行 » 人魚物語(フレドリック・ブラウン)

104 名前:本当にあった怖い名無し :2012/01/20(金) 12:52:03.30
昔読んだ短編

ある男が海で人魚に出会う
最初は逃げてしまった人魚だが、根気よく通う男に徐々に心を開き、2人は恋に落ちる
しかし、異種族のままでは結婚もままならないため、男は人魚になることを決意し、魔女の元へ行く
二度と人間には戻れないが、魔女にも周りの人魚達にも祝福され、二人は幸せな結婚式を挙げた

だが、初夜を迎えた男は人魚の生殖方法を知り、自らの命を絶った


107 名前:本当にあった怖い名無し :2012/01/20(金) 13:29:09.20
>>104
フレドリック・ブラウンだっけ?

他に恋人が巨人族の血をひいていてだんだん大きくなってしまう話があった様な
ディスプレイ用の大きなハイヒールを必死で頼み込んで購入してクリスマスプレゼントしたり
女の方は感極まって泣きじゃくったり

でも大きくなりすぎて結局女は巨人族側に住処を変える
愛し合いながらも別れてしまうのがブラウンらしくない
ブラウンなら皮肉なブラックかどんでん返しのハッピーエンドが多いし


111 名前:本当にあった怖い名無し :2012/01/20(金) 14:10:22.70
>>104
>>107
F・ブラウンの短編なら結末がすこし違ってる
男は人魚の生殖方法を知り、絶望して海に身を投げて死のうとした・・・が、すでに人魚になっていた
男にとっては意味のない行為であった
男はただ海の底へ底へと沈み続けていった

みたいなラストだった
後味悪いっていうより、( ´,_ゝ`)プッ な印象だったな

 

未来世界から来た男 (創元SF文庫)
未来世界から来た男 (創元SF文庫)


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...