ホーム » スレ別 » 後味の悪い話 その128 » ONE PIECE/ニコ・ロビン(尾田栄一郎)

116 名前:本当にあった怖い名無し :2012/01/21(土) 02:08:22.10
漫画ワンピースのメインメンバー、ニコ・ロビンの過去
父親は既に死亡、母親は研究の為に島を出てロビンは親戚の家に預けられる
ロビンは叔母達から軽視されコキ使われる日々、
更に特殊能力持ち故に島民達からも忌み嫌われていた
数少ないロビンに優しく接してくれた考古学者達が
世界政府にとって暴かれたくない歴史を研究している事を知った政府は
隠蔽の為島ごと攻撃し帰って来ていた母親含めロビン以外の島民は全員死亡
政府は唯一生き残った8歳のロビンも考古学者達の仲間故に
濡れ衣を着せ高額懸賞金の指名手配者にした
それからロビンは政府から逃亡生活を送る日々
親切に接してくれた人もロビンが多額の賞金の指名手配犯と知ると
裏切るという繰り返しでロビンは冷徹な性格になってしまった

ワンピースは他にも悲しい過去持ちは多いけどロビンの過去が一番後味悪かった
主人公のルフィに出会うまで20年も要するし

 

ONE PIECE 41 (ジャンプ・コミックス)
ONE PIECE 41 (ジャンプ・コミックス)


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...