ホーム » 小説 » 小説/か行 » 好色(芥川龍之介)

160 名前:本当にあった怖い名無し :2012/01/22(日) 15:13:57.39
思い出した古文の問題集のコラムかなんかで読んだ話

昔ある男がたまたま見た美しい娘に一目ぼれ
しかし娘は高い身分の娘で男にはどうする事も出来ない
悩んだ男は「美しい人の一番汚い所を見れば冷めるんじゃないか」と
娘のお付きの女を襲いまり箱(おまるみたいな物)を奪う

奪ったまり箱を開けると中に入ってたのは
小さく可愛らしい香の香りがするうんこで
「さすがあの娘はうんこも美しい」と男はますます娘に惚れこんだと言う

結局問題解決してないじゃん・・・と思った

その後小噺集かなんかで上と途中まで同じ話を読んだが
その話では中に入ってたのが立派で臭いも凄いうんこだったので
男は一瞬で娘から冷めたという

勝手に惚れられて勝手にうんこ見られて幻滅されるって嫌すぎる


173 名前:本当にあった怖い名無し :2012/01/22(日) 20:27:45.05
>>160
身分違いじゃなく、男は地位のあるイケメン女たらし男。
落とした女の数が自慢だったが、最後に目を付けた女がとてつもなく
頭の切れる女で、一向に落ちる気配がなく、男のプライドはズタズタにされる。
仕返しにウンコで恥をかかせてやろうと画策するが、いち早く陰謀を
察知した女は、ウンコを香の塊にすり替える。
中身を確認した男は「あの女は天女か何かか!!」と混乱し、発狂しながらウンコを頬張る。

芥川の短編集「鼻」に収録されていた気がする。


180 名前:本当にあった怖い名無し :2012/01/22(日) 22:22:53.86
芥川龍之介の『好色』では丁子の上澄みに香細工の人糞だった
でも主人公が「お前はなんていい女なんだ」ってある意味絶頂で焦がれ死んでるからハッピーエンド
別に後味悪くないw

 

羅生門 蜘蛛の糸 杜子春 外十八篇 (文春文庫―現代日本文学館)
羅生門 蜘蛛の糸 杜子春 外十八篇
(文春文庫―現代日本文学館)
羅生門・鼻 (新潮文庫)
羅生門・鼻 (新潮文庫)


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...