ホーム » スレ別 » 後味の悪い話 その129 » 爺ちゃんとうちで飼ってた猫の話

93 名前:本当にあった怖い名無し :2012/03/07(水) 08:47:02.00
VIPあたりに立ってたスレで
「爺ちゃんとうちで飼ってた猫の話」みたいなやつ。
>>1が自慢げに書き連ねていた猫と祖父のエピソード。
うろ覚えだけどこんな感じ↓

爺ちゃんは猫に対してスパルタで、猫は「○○太郎」という名前、
外飼いのオスでそのあたりじゃ喧嘩が強くて有名らしい。
喧嘩が強いがたまに傷だらけで帰ってきてそのたびに
>>1「爺ちゃんに『なっとらん!』と叱られてたんだぜ!猫は叱られても凛として爺ちゃんに応じた!」
ほかの人「それで病院に連れてくの?」
>>1「病院なんて連れてかない!当たり前だろ?爺ちゃんは当然自然治癒させてた!」
ほかの人「ス、スパルタだね・・」
>>1「それで先代の○○太郎と違って・・」
ほかの人「えっ、前も飼ってたの?」
>>1「そう、前も飼ってた。代々『○○太郎』って同じ名前をつけるんだ!
 先代は、たぶん喧嘩に敗れるか何かして瀕死で帰ってきたので爺ちゃん激怒w
 『何だその様は!たるんどる!』と。治るまで家に入るなと入れなかった!
 そしてちょうど季節が冬で、運悪く寒さで力尽きてしまったんだろう・・」

この後も>>1の祖父と猫のこういう感じのエピソードが続く。
なんつーか・・。普通に虐待だよね・・。


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...