ホーム » 小説 » 小説/や行 » 歪んだ蜜月(阿刀田高)

373 名前:本当にあった怖い名無し :2012/06/17(日) 12:19:56.53
阿刀田高の短編

夫は真面目で優しいだけが取り柄の冴えない男、新妻は20代後半のおとなしい女。
新婚旅行のホテルの部屋で、好奇心から妻の鞄を探った夫は、
隠しポケットから怪しげな手帳を見つける。妻は入浴中。

中身はローマ字で、結婚を後悔していること、結ばれない相手への愛などを綴った日記だった。
夫は妻を、不倫していたから20代後半まで独身だったと思い込む。
ホテルのカフェで通りすがりの男性客が落としたルームキーを、妻が拾ってやったのだが、
それを不倫相手がルームナンバーを教えたと思い込み、夫はその部屋を襲い、男性客を殺す。

夫が逮捕されて、妻は泣きながらローマ字日記を書く。
「こうして 架 空 の 恋 人 に心情を打ち明けると、不思議と気分が晴れるのだった」

喪女の妄想で人死んでますやん。


374 名前:本当にあった怖い名無し :2012/06/17(日) 15:41:10.16
結婚を後悔していることが妻の素直な心情なのだから、むしろ妻的にはハッピーでは

375 名前:本当にあった怖い名無し :2012/06/17(日) 16:36:34.82
だからって殺人犯になられるのはいやな気持になるだろ。
関係ない人巻き込んじゃったし。

383 名前:本当にあった怖い名無し :2012/06/17(日) 21:01:21.04
>>373
英語ならともかくローマ字で綴るってなんでそんな逆に面倒くさそうなことを

後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...