ホーム » スレ別 » 後味の悪い話 その132 » 101日

447 名前:本当にあった怖い名無し :2012/07/26(木) 07:04:28.95
101日

主人公はクロアチアのテレビ局のバツイチプロデューサー。
元嫁がやってる超人気番組の裏でリアリティ番組「ハウスト!」をひっそりと開始した。
「ハウスト!」は数組の夫婦がオシャレな密室で暮らす様子を
ゲーム交じりに面白おかしく垂れ流すという内容で視聴率も上がらない。
そんなもんだから人気番組を持って多忙な元嫁に
「暇なんだから息子の世話お願い」と息子の面倒見させられてる主人公。

「ハウスト!」の視聴率が上がるのは登場人物が
ケンカとセックスした時と元嫁の番組の視聴率が下がった時だけ。
製作陣も打ち切りに怯えながら、彼らの楽しげで時々事件があり
そして少しの脱落者ありの番組をゆるゆると流し続けていた。

しかし情勢が一変、EUと東部圏は戦争状態に。
クロアチアは歴史的にも狙われやすい位置なせいもあり
いきなり主人公の勤めるテレビ局が爆撃投下され部下が目の前で死んだ。
主人公も体中にガラスの破片を浴びクロアチアの危機的状況を身を持って知る羽目になる。
忙しい元妻も駆けつけてくれて「やっぱり愛情はある」ことを確かめ合う主人公と元妻。
息子一人だけでも海外に避難させようという話し合いをするがどうにもまとまらない。

どんどん戦況は悪化し、食料が手に入りにくくなり
爆撃機がいつ飛んでくるか分からないので
クロアチアに安全な場所などどこにもなくなってしまう。
「ハウスト!」の世界以外は。


448 名前:本当にあった怖い名無し :2012/07/26(木) 07:06:37.86
「ハウスト!」はクロアチアで一番人気の番組になっていた。
「ハウスト!」の中にはクロアチア人がもうおくりたくてもおくれない
普通にご飯を食べ、普通に笑い、平和な普通の暮らしがあった。
彼らは何も知らない。ただひたすら楽しく生活しているだけだ。
最前線で戦う兵士もみんなハウスト!を見て勇気付けられ
ハウスト!の登場人物に憧れを抱き、戦う元気がわいてくるという。
これが「クロアチアの魂」だとすら思う者もいた。

しかし必死の抵抗もむなしく、クロアチアに向けて3発の核ミサイルが打ち込まれた。
主人公達の住むザグレブにミサイルが届くまで1時間。
主人公は息子だけハウスト!のゲスト達が暮らす地下シェルターに下し
元妻の元へ走った。走った。走った。でも時間が足りなかった。
こうしてクロアチアは滅んだ。

ハウスト!のゲスト達はこの話を主人公の遺言ビデオで見せられて半信半疑だった。
自分達がわいわい暮らしてる間、戦争で自分達以外のクロアチア人は
みんな死んでしまったといわれても信じられない。
主人公の息子とゲスト達は意を決して今まで開く事がなかった扉を開けると
国内の人々が一生懸命かき集めたであろう食料や物資の山。

「ここから先はあなた達で決めて生きていってください」

一人が地上へ出るとそこは核の冬。彼らが愛した家や家族、
彼らを愛してくれた視聴者、そして故郷クロアチアはもうないのだ。

 

101日 [DVD]
101日 [DVD]


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...