ホーム » スレ別 » 後味の悪い話 その133 » ザムザ復活(手塚治虫)

526 名前:本当にあった怖い名無し :2012/09/03(月) 20:31:19.96
既出だったらすみません

以前立ち読みした手塚先生の作品
タイトルは忘れました

たぶん近未来の話。
主人公はサファリパークのようなところで働く青年。
客は車に乗って野生のライオンなどを観て楽しんでるのだが、
そこにいる動物たちは実はもともと人間で、
なんらかの犯罪を犯したために動物に改造させられたのだった。
このことは一部の人間しか知らない秘密であるため
もちろん人々はそんなことは知るはずもなく、
動物たちも自分が人間だったことは忘れてしまっている。

主人公はそこで動物の世話をしているのだが、
あるメスのライオンにだけ必死に話しかけていた。
実はそのライオンは主人公の彼女で、
罪を犯したがために改造されていたのだった。
(罪の内容は忘れましたが、うっかり殺してしまった、て感じだったと思います)


527 名前:本当にあった怖い名無し :2012/09/03(月) 20:31:50.37
主人公は彼女が完全に動物になってしまわないように、
毎日ひそかに会いにいっては人間だったころの話をしていた。
しかしその裏切りともいえる行為を知った上司は激怒し、
秘密が漏れないようにと彼女を銃で殺害、
主人公は巨大な芋虫にされる。

この芋虫は重大な罪を犯した者だけが改造されるもので、
土の中でゴミを食べさせられ続けるのである。
主人公も初めこそゴミを食べようとはしなかったが、
だんだんと人間だったころの記憶が薄くなりゴミもおいしいと感じるようになる。

だが主人公は彼女を殺された怒りを忘れることはできず
なんとか自分の意志を保っていた。
やがて積もり積もった怒りにより主人公は芋虫から
さなぎへと成長していく。

そしてついにさなぎは巨大なハチになる。
ハチとなった主人公は上司のもとへ飛んでいき、
おしりの針で上司を刺し殺しておわり。

うろ覚えなのでところどころ違うかもしれません
復讐劇としてみればいい終わり方ですが、
結局彼女は死んでしまったし主人公も人間に戻れるわけではなく
なんとも後味の悪い作品でした


529 名前:本当にあった怖い名無し :2012/09/03(月) 20:52:27.37
「メタモルフォーゼ ザムザ復活」だな

530 名前:本当にあった怖い名無し :2012/09/03(月) 21:46:02.18
>>529
それです!
結構内容間違ってるところ多かったです
すみません…

 

メタモルフォーゼ (手塚治虫漫画全集 (88))
メタモルフォーゼ (手塚治虫漫画全集 (88))


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...