ホーム » スレ別 » 後味の悪い話 その133 » 新しい人形(高橋葉介)

750 名前:本当にあった怖い名無し :2012/09/10(月) 22:41:25.41
短編漫画「新しい人形」

主人公は幼稚園くらいのジューディスという名前の女の子。
母親は出産のため入院しており、父親と家で留守番をしている。
「ねえパパ、ママは今日帰ってくるの?」と聞くジューディスに対し、父親が
「お前の弟を連れて帰ってくるよ。よく寂しがらずお留守番できたね、今度新しいお人形を買ってあげよう。」と答える。
喜ぶジューディス。

自分の部屋に戻り、ジューディスは少し古くなった人形を取り出す。
「ねえ、新しいお人形を買ってくれるんだって。」
「そうなったらもうお前はいらないのよ。」
ナイフを手にとるジューディス。
「古いお人形はもういらない、新しいお人形が来るんだから…。」
と言いながら人形の手足や頭を切り落として行く。

そんなとき、玄関から父親の声がする。
「ジューディス、ママが帰ってきたよ!」
笑顔でドアを開け、出迎えるジューディス。
「おかえり、ママ!」
「ただいま、ジューディス。」
笑顔で左腕に赤ん坊を抱え、右手に大きなナタを構えた母親の絵で終わり。


751 名前:本当にあった怖い名無し :2012/09/10(月) 22:57:19.47
>>750
高橋葉介の初期作品だね。思い出した。

 

腹話術 (ソノラマコミック文庫)
腹話術 新装版(ソノラマコミック文庫)


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...