ホーム » スレ別 » 後味の悪い話 その134 » 大越孝太郎の短編漫画

71 名前:本当にあった怖い名無し :2012/09/24(月) 12:32:18.41
大越孝太郎の短編漫画

舞台は近未来のカオスな横浜。
フリーターのサブリナ(日系ハーフ)は、都会に憧れて横浜にやってきた。
バイトを転々として、今はレースクイーンをしている。いつまで続くか見物だが。
親友のマリリン(白人)は一足先に横浜に出て、売れっ子の漫画家になっている。
マリリンの住む高級マンションを訪問した帰り道、
「漫画家って儲かるんだなぁ…あたしもマリリンみたく才能があったらなぁ…」
とつぶやくサブリナだった。

数ヶ月後、マリリンは膝上から下を失って義足を装着していた。
驚くサブリナに、マリリンは説明する。

この都会(まち)では、男の子が死ぬまで働いたって庭付き一戸建てなんか買えないのよ。
漫画の才能だけじゃこんな所に住めないわ。
あなたもまともな暮らしがしたかったら、腎臓の一つくらい売らなきゃ。

マリリンは「白人の膝上から下の脚」を欲しがっていたモデルに脚を売っていた。
近未来の架空の横浜では、誰でも気軽に不要な器官を売っていたのだ。例えば子宮、片目、片手など。

さらに数ヶ月後、マリリンは脳と義手だけになっていた。
脳をプリンターに直結したので、考えるだけで漫画が描けると。
義手は、金魚にエサをやるだけ。
脳だけになっても、高級マンションに住み続けるマリリンだった。


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...