ホーム » スレ別 » 後味の悪い話 その136 » あの時の…!?

31本当にあった怖い名無し:2012/12/10(月) 20:54:29.89
ある民家に強盗が現れる。
強盗はその家の老夫婦をロープで縛り、その目の前で娘をレイプするなどやりたい放題。
その後、金目の物を盗んでいこうとタンスの引き出しを開けると、中から古い人形だかぬいぐるみが現れる。
それを見た瞬間、強盗の表情が変わり「これをどこで手に入れた!?」と聞くと、
老夫婦は「昔ある幼い子供たちからもらった」と答える。
それを聞いて、強盗は「まさか、あの時のおじちゃん・・・!?」と驚愕し、老夫婦も「まさかあの時の子供なのか」と呟く。

まだ老夫婦が若かった頃、泣いている少年(のちの強盗)と出会った。
何故泣いているのかと話を聞くと、アル中の父親に酒を買ってくるよう命令されたが、お金を落としてしまった。
このまま家に帰ったら父親に物凄く怒られてしまう、と。
それを聞いた老夫婦は少年にお酒代を渡す。
喜んだ少年はお礼にと自分のお気に入りの人形を老夫婦にあげたのだった。

しかし、少年がお酒を買って家に帰ると、実はお金は落としたのではなく、家に忘れただけだった。
「お金もないのに何故酒が買えた、さては万引きしたな!」と父親から酷い折檻を受け、
それ以来正確がねじ曲がってしまった。


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...