ホーム » 小説 » 小説/あ行 » 踊り子(東野圭吾)

258本当にあった怖い名無し:2012/12/18(火) 23:25:30.33
踊り子

家庭教師の大学生が教え子の中学生から恋の相談を受ける
近所の女子高で新体操をしている少女に一目惚れをした
話ができるだけで良いと言う生徒に学生は応援されると喜ぶのではないかとアドバイスをした
生徒は彼女が練習する水曜日に体育館の玄関前に
ドリンクと「いつも練習をみています」と書いた手紙をいれた袋を置いて帰った
3週同じ事を繰り返した生徒だったがある週を境に彼女は練習に現れなくなった

実は彼女はその女子高の生徒では無かった
家が貧しく中学を卒業してからラーメン屋の皿洗いで生計を立て
新体操部が休みである水曜日に体育館に忍び込んでいた


259本当にあった怖い名無し:2012/12/18(火) 23:29:02.19
彼女はいつも見つからないように体育館の裏口を使っており差し入れに気が付かなかった
毎週の差し入れを怪しんだ新体操部員は体育館に隠れ彼女を捕まえ土下座させ
今まで使った道具を全部磨かせられるなど屈辱を与えられた
生きがいを奪われ最も憎んでいる同年代の娘達に屈辱を与えられた彼女はビルから投身自殺していた

生徒は彼女が死んだ事も知らずに恋い焦がれている
家庭教師は君が彼女を殺したとはとても言えないと思うのだった


260 本当にあった怖い名無し:2012/12/18(火) 23:42:51.44
中坊に声をかける勇気が有れば悲劇は起こらなかっただろうがウブだったんだ
後女子高の新体操部員はかなりの性格ブスぞろいみたいな描写も有り
上記の嫌がらせが全てでは無さそうなのも後味悪かった

261 本当にあった怖い名無し:2012/12/18(火) 23:54:38.31
家庭教師はなんで知ってるの?

262 本当にあった怖い名無し:2012/12/19(水) 00:04:04.88
家庭教師は探偵役
大学の知り合いのつてで体操部の女の子から話を聞いた
新体操部と無関係だから知ってる事教えてくれた

 

犯人のいない殺人の夜 (光文社文庫)
犯人のいない殺人の夜 (光文社文庫)


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...