ホーム » 小説 » 小説/さ行 » 戦慄の生理学(セシル・スコット・フォレスター)

544本当にあった怖い名無し:2013/01/03(木) 11:29:23.28
C・S・フォスター「戦慄の生理学」

ヒトラー政権下のドイツで、若くして生理学教授になった優秀な青年が重要な研究をしていた。
軍医の叔父は強制収容所に奉職していたが元々研究者志望だったので、研究内容を知らずに青年を応援していた。

青年は叔父に、研究内容は「恐怖の生理学的考察」で政府が実験材料を提供してくれる、と説明し、実験室に案内する。
実験材料はポーランド人(山岳)とチェコ人(地中海)とユダヤ人(セム人)だった。
我がゲルマン民族(北欧)が世界最強だと証明するためノルウェー人を実験に加えたい、
と力説する青年を、叔父は褒め称え励ますしかできなかった。
何しろ実験は親衛隊の衛兵も手伝っていたし、学長は学者でもない宣伝省の将軍なのだ。
(被験者にルーレットを回させ、7回連続で赤が出れば処刑すると伝え、体温や心拍数を計測する実験)

その後、青年は強制収容所で拷問死した。
叔父は一介の軍医なのでどうすることもできなかった。

面識のあった学長から昼餐会の招待状が届いた。
宣伝相ゲッペルスが糸を引いた、知識人の動向を探るためのパーティーである。
学長は叔父に愛想よく話しかけた。
「君の甥のことはまったく残念だ、大いに期待しておったのに」
「事もあろうに、我がゲルマン民族が死の恐怖には、
 劣等民族どもと同じ生理的反応を示すことを立証した、と主張したのだ」
「これほど狂った馬鹿馬鹿しい意見があるかね」

 

魔の配剤―イギリス恐怖小説傑作選 (ソノラマ文庫―海外シリーズ)
魔の配剤―イギリス恐怖小説傑作選
(ソノラマ文庫―海外シリーズ)


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...