ホーム » スレ別 » 後味の悪い話 その137 » 不老不死シリーズ(名香智子)

214本当にあった怖い名無し:2013/01/24(木) 13:23:05.08
思い出した、名香智子のミステリ系短編漫画。

不老不死という病気に感染して運よく生き残った青年がいる。
不老不死の「患者」の血に触れると、ほとんどの人は死ぬが
奇跡的に生き延びて不老不死になる人もいる。
子孫を残す必要もないから、中性ならぬ無性になる。

主人公の女子大生は偶然その青年の血に触れて不老不死になるが、
胸がなくなり生理も止まる。寂しいから一緒にいてくれ、と頼むが、
青年は「百年もすればそんな欲求は消える」とせせら笑う。
必ず誰かが(魅力を感じて)面倒を見てくれるから、
そういう人を渡り歩けばいい、とも言う。

主人公が、私も誰かを不老不死のキャリアにして一緒に過ごせばいい、
それまで何人死んでも関係ないわ!ってニヤリと笑うのが後味悪かった。

続編で主人公が美少年的な外見になってて、
やくざに囲われて殺し屋になってるのも後味悪かった。
(ターゲットにこっそり血をつけて、原因不明の病気で死なせる)
「私はこんな体になっても男に抱かれることをやめなかった」
って台詞も。

 

Best of名香智子 (3) (双葉文庫―名作シリーズ)(シリーズ第1弾「夢魔」収録)
Best of名香智子 (3)
(双葉文庫―名作シリーズ)
(シリーズ第1弾「夢魔」収録)
Best of名香智子 (6) (双葉文庫―名作シリーズ)(シリーズ第2弾「空蝉」・第3弾「堕落」収録)
Best of名香智子 (6)
(双葉文庫―名作シリーズ)
(シリーズ第2弾「空蝉」・第3弾「堕落」収録)


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...