ホーム » テレビ » ドラマ/た行 » 特捜戦隊デカレンジャー/第37話「ハードボイルド・ライセンス」

911本当にあった怖い名無し:2013/02/16(土) 14:54:06.19
既出かもだけど特撮から一つ、過去に何度か見ただけでタイトルと詳細は失念
戦隊物で世界観は怪人と人間が共生している地球
一部の悪い怪人を倒す軍組織に5人は属してるって設定で
ブルーがメインの回

恋人が出来仕事の成績も上がり絶好調な青
近い内に昇進試験がありそれに合格すれば本国のエージェントとして日本を離れる事になる
青は彼女に自分が試験に合格したら結婚して一緒に暮らそうと持ちかける
だが彼女は弟の事が気がかりだからと言葉を濁す、当の彼女の弟は青に敵意をむき出し状態
彼女は両親が居なく姉弟二人きりで生きてきており、
青も同じ境遇である為強気に出る事が出来なかった
丁度そんな時に若い女性が生気(?生きる為の力のような物)を吸い取られ
死亡すると言う事件が相次いで発生する
これは怪人の仕業だと判断し、軍の上層部は青一人に「最終試験」としこの仕事を任せる

色々あるんだけど実は彼女と弟は怪人で彼女は難病にかかっており
助かるには若い女性から取れる生気の塊である花の蜜が沢山必要
弟は姉を助ける為に毎晩女性を襲っていた。
それに気付いてしまった青は悩み苦しんだ末に襲いかかる怪人の姿となった彼女の弟を射殺する
弟の帰りが遅く迎えに外へ出た彼女はその現場を見てしまい、
また青もその事に気付き、二度と二人が顔を会わせる事は無くなる。
青は試験に合格したが昇進を断り日本軍に留まりつづける
最後に上司から彼女の病気は快方に向かっているそうだと聞かされておしまい

うろ覚えなので間違ってる部分も多いかと思うけどこんな感じ
彼女と同じ境遇で妹と二人きりで生きてきたって設定のキャラで
物凄い妹を溺愛している描写もあっただけに彼女の弟を撃ち殺すって
どれだけ辛かったんだろうとか、彼女は病気が治っても、
唯一の肉親も愛した男も居ない世界で生きて行くのかとか色々とやりきれない気分になった


912本当にあった怖い名無し:2013/02/16(土) 16:03:30.29
特捜戦隊デカレンジャーEpisode.37「ハードボイルド・ライセンス」ですね

916 本当にあった怖い名無し:2013/02/17(日) 10:40:43.22
子供向け番組でそんな濃ゆい話をやってたのかという衝撃w
怪人云々を除けばアメドラの刑事物のエピと言われても納得してしまう。

917 本当にあった怖い名無し:2013/02/17(日) 11:04:09.76
子供番組なんだし最後に和解して結ばれる展開にすればいいのに
って思ったけど、スタートからして人間と怪人だから無理だね…

923 本当にあった怖い名無し:2013/02/17(日) 17:31:24.00
デカレンジャーのハードボイルド・ライセンスの回が異色なのは
戦隊5人による必殺技でのトドメや、巨大ロボ戦といった
お約束が一切ない事だ

 

特捜戦隊デカレンジャー VOL.10 [DVD]
特捜戦隊デカレンジャー VOL.10 [DVD]


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...