ホーム » 小説 » 小説/は行 » 蛇踊り(コーリー・フォード)

71本当にあった怖い名無し:2013/02/24(日) 12:24:52.81
コーリー・フォード「蛇踊り」

アメリカのとある大学近くのドラッグストアで、主人公の青年が実家に電話を掛けている。
大学のフットボールチームが試合に勝ったので、ブラスバンドとともにまもなく
なだれ込んで来るだろう。ブラスバンドの音楽がかすかに聞こえる。
スネークダンスを踊りながら通りを練り歩く姿まで見えるようだ。

「もしもし、母さん?僕だよ。父さんの具合はどう?…大丈夫、すぐによくなるよ」
「先週の送金かい?手紙に書いたじゃないか、フットボールの奨学金だよ。
 活躍したからいいバイトも紹介してもらえるんだ」
「だから、貯めてくれてたお金は父さんの治療費にすればいいよ。
 これから毎週送金するからさ」

ブラスバンドの音楽が大きくなった。チームの連中が店に飛び込んできた。
『ジェリー、早く来いよ!おまえが居なきゃ始まらないよ』
『ジェリー、ママに電話かい?』

「聞こえるだろ、僕のチームが勝ったんだ。これから祝勝会さ」
「お酒なんか飲まないよ、約束したじゃないか。じゃあね、母さん。愛してる」

ジェリーはドラッグストアの屋号を染め抜いたエプロンの紐を直すと、
電話ボックスからソーダファウンテンのブースに戻った。
『ジェリー、俺のチームが勝ったんだぜ、これから祝勝会だ』
『とりあえずソーダな』
『こっちはミルクセーキ』

中退したのか最初から進学してなかったのか…

 

世界ショートショート傑作選〈1〉 (1978年) (講談社文庫)
世界ショートショート傑作選〈1〉
(1978年) (講談社文庫)


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...