ホーム » テレビ » ドラマ/タイトル不明 » 犯人探し

2481/2:2013/03/05(火) 13:59:31.09
かなり昔に見た単発の1時間ドラマ。
タイトルとか詳細は忘れた。

舞台は中学校(たぶん)のとある教室。
1日の授業が終わり、生徒達が帰り支度を始めた時、
女子生徒の一人が「私のリコーダーが無い」と言い出した。

担任(男)は「盗んだのは誰だ? 正直に名乗り出ろ」と言うが、
誰も名乗り出ない。生徒の一人一人を問いただし、
持ち物検査なども行ったがリコーダーは見つからない。

担任は苛立ち、ヒステリックになって犯人探しを続ける。
詳しい経過は記憶に無いが、明らかにやり過ぎだろってくらいに。
終いにはちょっと不良っぽい男子を
「お前がやったんだろう!? お前に決まってる!」と怒鳴りながら殴り始める。
(もちろん男子は全力で否定)
失くした女子が「もういいです、やめて下さい!」と泣きながら訴えても
「犯人が見つかるまでお前等全員帰さんぞ!!」と取り合わない。
犯人が分からないまま、時間だけが過ぎていく。


2492/2:2013/03/05(火) 14:00:04.27
そこへ、別のクラスの女子が入ってくる。
教室の異様な雰囲気に戸惑いながらも、彼女は語り始める。
音楽室にあったリコーダー(紛失した物)を、
自分の物と勘違いして持ち帰ってしまった事。
帰宅してから気付き、返しに来た事。
彼女はリコーダーを返し、丁寧に詫びて教室を出て行く。

重苦しい沈黙に包まれる教室。
担任は取り繕うように「これで解決した。帰っていいぞ」と言う。
しかし、生徒は誰も席を立たず、無言で担任を睨んでいる。
「…何ジロジロ見てるんだ! 帰れ! さっさと帰れ!!」
一人、また一人と無言のまま生徒が教室を出て行く。

ラストは薄暗くなりかけている校門前。
次々と出て行く生徒達。
(リコーダー失くした女子は泣きじゃくっていて、友達に肩を支えられていた)
生徒達が出て行った後、鉄柵がガラガラガラ…ガシャン!と重い音を立てて閉じて終了。


250 本当にあった怖い名無し:2013/03/05(火) 15:15:32.31
まぁ、この屑教師の信用度が完全にゼロである事が
衆目に晒された点はまだスッキリしてるかな。
これでリコーダー紛失が盗難では無い事実を
屑教師が握り潰す展開なら後味最悪だった。

後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...