ホーム » 小説 » 小説/は行 » 飛行具(レイ・ブラッドベリ)

553:本当にあった怖い名無し:2013/03/18(月) 10:25:50.39
レイ・ブラッドベリの初期の短編ある早朝、支那の皇帝が庭に出ると、
空に大きな鳥のような不思議なものが飛んでいた。
それは、
「俺はやったぞ!ついにやったぞ!」
と叫んでいる。

皇帝が衛兵に命じて
「皇帝陛下の御命令である!降下せよ!」
と叫ばせると、それは庭に降りた。

降りてきたのは、竹に紙を貼ったグライダーのようなものを装着した男である。
男は皇帝の命令に応じて、鳥のように空を飛びたいとずっと思っていた、
実験成功、皆は自分を気違いだと思っている、と答えた。
皇帝は死刑を言い渡した。

抗議する男に皇帝は、何者かが万里の長城に
空から石を落としたら我が国はどうなる?と答えた。
男は殺され、グライダーは燃やされた。
衛兵は、早朝で空が薄暗いので何も見ておりません。と答えた。終。


560:本当にあった怖い名無し:2013/03/18(月) 14:30:50.43
>>553
新の王莽の頃に偵察目的でハンググライダーもどきを売り込んだ男の話を思い出した。
そっちは御前飛行で数百歩飛んだら墜落したそうだが。

 

スは宇宙(スペース)のス (創元SF文庫)
スは宇宙(スペース)のス (創元SF文庫)


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...