ホーム » 小説 » 小説/ま行 » 魔術の殺人(アガサ・クリスティ)

763:本当にあった怖い名無し:2013/03/27(水) 15:12:24.69

父と息子の関係で思い出した、

アガサクリスティのミスマープルシリーズで

ちょこっと出てきたエピソードなんだけど

村に長年歯医者をやっていた父親がいて都会で学んだ息子が帰り一緒に歯科をやっている。
しかし父親は加齢で腕が落ちていて村の人は皆最新技術を学んだ腕のいい息子に見てもらいたがっている。
それを父親は悲しく思っていて息子も悲しそうな父は見たくないと
わざとミスしたり手抜きしていて村人は

「やっぱり父親じゃないと」
「息子さんはまだ未熟者だね」と言っていて

父親は患者の信頼が戻ったことに嬉しそう。
本当の親子愛ってなんだろうと思ったよ。


764:本当にあった怖い名無し:2013/03/27(水) 22:36:04.04
本当の親子愛とか以前の問題
歯医者だって医者だろ!
患者の命を預かる仕事だろ!
手を抜くなよ!

 

魔術の殺人 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)
魔術の殺人 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...