ホーム » 小説 » 小説/か行 » 答えのない絵本(麻耶雄嵩)

299風の旅人 ◆aOLjRoi1zs:2013/04/24(水) 23:11:23.31
最近『隻眼の少女』(文春文庫)を読んで、麻耶雄嵩という作家にはまった。
で、全部で7冊読んだが、『メルカトルかく語りき』を読んだ時は後味が悪くなった。

『メルカトルかく語りき』には、“答えのない絵本”という短編が収録されているんだが、
メルカトル鮎という探偵は“殺人”という事がハッキリしているのに犯人はいないと言ってのけた。
(メルカトル鮎は利益優先で依頼人の子供が犯人だったからかばったらしい。
 しかも、それがまかり通るように20人の容疑者のうち何人かに嘘の証言を語るように細工までしたらしい。)
そして、その短編はそこで終わっている・・・。

 

メルカトルかく語りき (講談社ノベルス)
メルカトルかく語りき (講談社ノベルス)


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...