ホーム » 小説 » 児童文学・絵本・昔話 » 老人と三人の若者(ラ・フォンテーヌ寓話)

339本当にあった怖い名無し:2013/04/26(金) 22:18:29.46
昔読んだ児童文学(ラ・フォンテーヌ寓話だったかな?)
ある所に、せっせと樹を植えている老人がいた。
その姿を見た三人の青年が笑いながら言った。

「お爺さん、あなたはどうせ長くないというのに
 そんな風に一生懸命樹を植えて何になるのです?」
「人の運命は分かりません。
 もしかしたら、あなた方の墓に私が参る事になるかもしれませんからね」

青年たちは笑って相手にしなかった。

しかし、一人目の青年は枝を切っている最中に
はしごから落ちて、頭を打って死んでしまった。

二人目は偉い軍人になろうと思い戦争に行ったが、
手柄を焦って前線に飛び出し、敵に撃たれて死んでしまった。

三人目はアメリカへ行き、商売で一山当てようと思ったが、
乗った船が沈んで溺れ死んでしまった。

三人の墓に花を供えると、老人は悲しそうに言った。
「人の命は、神様にしか分からないものだ」

 

寓話〈下〉 (岩波文庫)
寓話〈下〉 (岩波文庫)
ラ・フォンテーヌの寓話
ラ・フォンテーヌの寓話
ラ・フォンテーヌの寓話 (現代教養文庫)
ラ・フォンテーヌの寓話
(現代教養文庫)


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...