ホーム » アニメ・ゲーム » アニメ/さ行 » 新ムーミン/第7話「白い馬と満月と」

596本当にあった怖い名無し:2013/10/04(金) 17:08:26.60
今でも好きなアニメである、ムーミンからの後味の悪い話。

ある時、ムーミン谷の住人が大怪我するという事件が続発。
大怪我した住人達は、揃って満月の夜に現れた白馬のせいだと嘆く。
しかし署長は半信半疑、ムーミンパパは偶然だと言い切る。
その晩夜道を歩いていた署長は白馬に遭遇し、大慌てで馬狩りを行う。
白馬を崖まで追い詰めスノークが射殺しようとするも、白馬は崖から転落する
(のだが、住人達もスノークも仕留めたと勘違い)。

数日後、ムーミンは谷底で、足を挫いて衰弱した白馬を発見する。
ムーミンは迷信を信じていなかった為、怪我が治るまで白馬を匿う事を決める。
署長達が白馬をしっかり仕留められたか谷底まで確認しに行った時、
ムーミンは先回りして白馬を連れて洞窟に移動するが、
それは白馬が生きているという事を証明してしまった様なものだった。
考えたムーミンは、シーツを被ってオバケの格好をし、
署長を恐がらせる事で白馬に関わらない様に仕向けようとしたが、
その出来事は「白馬に悪魔が乗り移っている」
とますます白馬の恐ろしさを際立たせてしまうだけだった。

その数日後から白馬の様子がおかしくなり心配するムーミンだったが、
ある晩、馬狩りに出ていたムーミンパパに洞窟が見つかってしまう。
ムーミンは様子のおかしい白馬を助けてくれるよう懇願するが、
ムーミンパパは「あの馬一頭の為に、谷の人達がどれ程怯えているのかわからないのか」と一喝し、
銃を持って洞窟に入って行く。
しかし、馬は足の怪我が悪化し、即に死んでいた。
落ち込むムーミンだが、パパに「あの馬はムーミンと暮らせて幸せだったと思うよ」と優しく諭されると、
笑顔で我が家に帰って行った。

一応感動系なんだろうけど、迷信を信じる閉鎖的なムーミン谷にリアルな恐怖を感じた。
スナフキンも大人達(ムーミンママとパパ除く)には疎まれてる節があるもんな…。


597本当にあった怖い名無し:2013/10/04(金) 17:17:26.66
ムーミンってあのキャラクターしか知らなかったけど、そんなキツい話あるのか
もっとファンシーな世界なのかと思ってたわ

598 本当にあった怖い名無し:2013/10/04(金) 17:55:21.90
>>597
この話に限らず、虫プロの制作したムーミン(ファンからは新ムーミンと呼ばれている)は
中々キツいのが多い。
平成版のムーミンより道徳的だったり、戒めの様な話が多いからかもしれないけど。

599 本当にあった怖い名無し:2013/10/04(金) 18:16:42.34
スナフキンはミィの種違いの弟だから色々有るのだろう

601 本当にあった怖い名無し:2013/10/04(金) 21:05:59.40
ミイは眉間にシワがあるからずっとババアだと思ってたよ

後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...