ホーム » 小説 » その他書籍 » 母娘と暴漢

593本当にあった怖い名無し:2013/12/04(水) 20:49:50.27
昔読んだ話、舞台は現代ではなく中世的な感じだった

あるところに住んでいる母娘は貧しいながらも仲睦まじく暮らしていた。
そんなある日、そこに暴漢が現れる。
暴漢は娘を母親の目の前で犯し、そのまま連れ去っていく。
泣き叫びながら追いかけようとする母親だったが、
暴漢に殴られた傷が痛み、倒れてしまう、
娘はそのまま暴漢の家に連れてこられ、そこで暮らす事に。

最初は暴力的なだけだった暴漢だったが、何年か経ったある日
娘の体に子供ができ、それを機に少しだけ優しくなる。
しかし、娘は今までの事から暴漢を信用せず、
子供が産まれて少し経った後に暴漢のもとから逃げ出す。
そして、かつて暮らしていた家へと戻るが、
そこにいた母親は娘が連れ去られたショックで痴呆状態に。

それから母親と子供の世話で大変な思いをする娘だったが、
母親の事を愛していたので一生懸命に務めた。
また、子供も最初はあの暴漢の子供でもあるという事で
少なからず嫌悪感を抱いていたが、
それでも自分の子供でもあるので愛していた。

ある日、少しだけ娘が用事で出かけ、戻ってくると母親も子供もいなかった。
慌てて探しに行く娘だったが、どこにも見当たらない。
しばらくして母親を見つけ出し、母親に子供の行方を問い詰める。
すると、ボケててほとんど話す事のなかった母親がゆっくりと喋り出す。
あの子供は娘を連れ去った忌々しい暴漢にそっくりだったから捨てた、と。
それを聞いた娘は怒りのあまり、母親を殺してしまう。

一方、捨てられた子供は瀕死のところをあの暴漢に拾われる。
暴漢は娘が去った後に今までの行いを反省し、
今度戻ってきたら娘や子供に優しく接してあげるつもりだった。
娘が戻ってこないのは残念だが、
子供はちゃんと育ててみせる、と子供を連れ帰るのだった。


595本当にあった怖い名無し:2013/12/04(水) 20:55:20.74
かわいそうなかーちゃん
手順にのっとって「お嫁さんにください」って頼めば
みんな幸せになったのに

だいたいレイプして母親半殺しにして、なんて男を愛せるのは馬鹿な股ゆる女だけだ
賢く心のきれいな女なら決して許せないだろうに


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...