ホーム » 体験談 » いじめ・差別 » 洋裁学校の先生とろう者

217本当にあった怖い名無し:2013/12/27(金) 13:04:22.49
北海道に住んでいた知人から聞いた話。

とある港町には、「そこを出ればどこでも務まる」というくらい
腕の良い先生(仮にAとしておく)がいる洋裁学校があったらしい。

ある時そこに、ろう者の女性が入学した。
いわく、家があまり裕福ではない上に自分には障害があるので、
手に職をつけようと思って入学したらしい。

彼女自身はとてもいい人だったんだが、
ある朝、授業が始まる前にバーンッとA先生が入ってきて、
開口一番こういった。

「○○さん、あんたのお父さん人殺しなんだってね!」

ろう者の○○さんはワーッと泣きだして教室を走り出て、
次の日から学校にも来ず、知人は心配して家まで行ったが、
すでに街を出て行ってしまっていた。
その後、○○さんがどうなったのか、誰も知らない。

「殺人犯の娘だからって、共謀したわけでもあるまいに、何の関係があるのかしらね。
 それに、皆の前であんな大声で…」
とみんな顔を見合わせたという。

キレイ事言いながらも、所詮人殺しの娘って思ってたんだろうか。
案外こういう人多いよな…


218本当にあった怖い名無し:2013/12/27(金) 13:05:39.78
?声聞こえたの

220 本当にあった怖い名無し:2013/12/27(金) 13:53:12.11
>>218
伝聞だからどこかで話がおかしくなったか、
その女性は読唇術ができるのかもしれない。

221 本当にあった怖い名無し:2013/12/27(金) 13:57:03.07
ろう者と書いたが、
実際は難聴らしい。
あと、その先生が廊下中に響き渡る大声で…

222 本当にあった怖い名無し:2013/12/27(金) 14:17:33.40
ろう者として入ってきたはずの女性が実は耳が聞こえた
っていう意味が分かると怖い話みたいなんだと思ったw

後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...