ホーム » 小説 » 小説/タイトル不明 » 筒井康隆の短編

630本当にあった怖い名無し:2014/01/14(火) 11:42:51.31
筒井康隆の短編

主人公は底辺ワープアで、母親と二人暮らし。
重労働サービス残業をこなして帰宅すると、
母が昔、子連れで住み込み女中をしていた田舎名家のDQN息子が
家出して転がり込んでいた。

母親が小さくなっているので主人公も迷惑なのを押し殺して丁寧に挨拶するが、
DQNは親父と喧嘩したからしばらく泊めろ歓待しろ、とふんぞり返っている。
安酒を飲み干し、つまみもないのか貧乏人はこれだから、とわめくDQNを宥めて
吹雪の中つまみを買いに出る主人公を追って母親も出てくる。

親子で吹雪の中を歩き、このまま凍死した方がマシかも、と泣く所で終わり。


631本当にあった怖い名無し:2014/01/14(火) 13:14:32.49
そんなんだからワープアなんだろうな

後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...