ホーム » 小説 » 児童文学・絵本・昔話 » 狐の釜ゆで

87狐の釜茹で(1/2):2014/01/29(水) 14:44:02.11
昔話の一つ、「狐の釜茹で」

あるところに、貧しい百姓の娘がいた。
娘はいつも「白いご飯に魚を毎日食べられる暮らしをしてみたい」と思っていた。

あるとき、娘に裕福な家からの縁談話が持ち上がる
その家に嫁に行くと、望み通りの食事ができたものの、ひとつ妙なことがあった。
その家のしきたりで、家に入るときは必ず、
入口に吊るしてある板を叩かねばならないという。

ある日、娘がうっかり板を叩かずに家に入ると、
中で何匹もの狐が昼寝をしていた。
(つまり家族は全員、狐が化けていた)


88狐の釜茹で(2/2):2014/01/29(水) 14:46:59.67
実家に逃げ帰った娘が事情を話すと、娘の親は
「お前は知らんふりして家に戻って、うまく狐達をここに連れておいで」と言う。

娘が言いくるめて(人間に化けた)狐たちを連れてくると、
「まず風呂に入ってください。それがうちのしきたりです」と無理やり風呂に入れさせた。
次いで「これもしきたりだから」と風呂に蓋をしてどんどん火を焚いた。

狐たちはとうとう釜茹でにされて退治されてしまいましたとさ。

……という話
娘は毎日白飯と魚という食事もさせてもらえてたんだし、
別に釜茹でにまでしなくてもいいんじゃ……と思った


89 本当にあった怖い名無し:2014/01/29(水) 14:53:35.53
金持ちの嫁ぎ先の財産を全部とるために
あらかじめ狐のゆだった死体を人数分用意しておいて
金持ちの家族は全員殺害。
近所には狐の死体を見せて金持ちに化けてたんだ、と納得させる
なんという巧妙なお家横領・・・なわけねーな

90 本当にあった怖い名無し:2014/01/29(水) 15:42:36.77
娘が毎日食べてた白飯と魚も本当に白飯と魚だったのか怪しいな
白飯は実はウジ虫だったとか

91 本当にあった怖い名無し:2014/01/29(水) 16:10:47.66
>>90
背筋がゾクッとした

93 本当にあった怖い名無し:2014/01/29(水) 17:01:41.49
昔話ができた当時は
化け物が悪事を働かないはずがないってのが当然だったから、
悪事の内容が盛りこまれなかったのかな

95 本当にあった怖い名無し:2014/01/29(水) 20:20:35.95
>>89
そんな話を誰が信じるというのか

後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...