ホーム » 小説 » 小説/ま行 » めし(塩崎俊子)

1071/2:2014/01/29(水) 21:41:05.50
星新一選・ショートショートの広場から「めし」

男の人が一人、公園のベンチに腰掛けて鞄から取り出したおにぎりを食べています。
三角で少しいびつな、黒い海苔を全面に巻き付けた大きなおにぎりです。
男の人のまわりに人が立ち止まり、見ています。

男の人はおにぎりにかぶりつき、むしゃむしゃ食べています。
立ち止まる人は段々増えて、人垣ができました。
男はとうとう、真ん中の梅干しにたどり着きました。
赤ジソの葉をたくさん使ったのでしょう、
いかにも酸っぱそうな真っ赤で大きな梅干しです。。

男の人はおにぎりを食べ終わり、梅干しの種をしゃぶって捨てました。


1082/2:2014/01/29(水) 21:43:16.67
するとどうでしょう、男の人を取り巻いていた人々が
梅干しの種めがけて飛びついたではありませんか。

一人が梅干しの種を飲み込みましたが、すぐに何本もの腕が伸びて
その人の口を鮫のように大きく裂いてしまい、梅干しの種を奪い取りました。
また誰かが梅干しの種を口に入れましたが、殺されてしまいました。

男の人は後も見ずに公園を出てゆきました。終


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...