ホーム » その他 » 事件・事故 » エニックスお家騒動

119本当にあった怖い名無し:2014/01/30(木) 01:29:06.17
有名だけどガンガンの「エニックスお家騒動」が後味悪い

ガンガンという少年誌があるんだけど
編集部というか会社が大騒ぎになった事がある
たぶん連載作品で一番有名なのは鋼の錬金術師だと思うけど
これはそれが連載されるもっと前のこと

当時は黄金期といわれるほどこの雑誌は人気漫画や作家を抱えていた
アニメになった漫画も多くて売り上げも絶好調
そんな中で編集部の人事で、編集長が交代
これが理由で派閥だの不満だのがあって、
ある一人のベテラン編集者が人気作家を大量に引き抜きして
新しい雑誌を創刊した

当然そんな事をされたガンガン編集部は激怒
「編集者が個人的な信頼関係を利用して会社に損失を与えた」として、
訴訟を起こして裁判にもなった(後に経営権の一部を渡すとか条件付和解)


120本当にあった怖い名無し:2014/01/30(木) 01:29:46.69
一番困ったのが、話を持ちかけられた連載作家達
「ベテラン編集さんの立場や気持ちも分かる、でも連載中の作品が…」
と言った状態で決断を迫られる

選択は人それぞれだけどその結果として読者からしたら
ある月を前後に突然好きだった漫画が不自然に終わった(伏線投げっぱなしとか)
突然別の雑誌に移籍しますと発表されたりして、大混乱の状態

結果としては移籍作家さん達にはその後漫画家を辞めたり
ほぼ作品が発表されなくて開店休業状態になったりした人が多い

一番残念だった人は「守って守護月天」という漫画を書いてた人
この作家さんはガンガンから移籍を決めた内の一人なんだけど
移籍後に突然作品が休載した
やっと再開したと思ったらどう見ても絵柄が違う
影武者?もしかして編集が作者から作品の権利を奪って
別人に描かせてるんじゃ?とネット上で憶測が飛んで
作者も作品を投げた!と叩かれた

ちなみに真相は
「作者が手の怪我で書けないので別人が代筆していた」という事で
作者も公認していた
この点を当時公開していなかった
(ただし作者名の後に作者が立ち上げたオフィスの社名が入っていた)
ので移籍騒ぎもあったせいでネットで叩かれまくった

そして「守って守護月天」もアニメにまでなった人気作品だったのに
結局は伏線も投げたり何の謎や問題も解決しないまま
打ち切りのように終了

けど、一応終わったこれはまだいい方で
この作者の作品は未完のものばかり


121 本当にあった怖い名無し:2014/01/30(木) 01:30:52.88
ほかの作家も大体似た感じで
いきなり移籍後にそれまでの連載を何の予告もなく途中で投げ出したり、
何故か数年後にいきなり4コマ雑誌に登場して
当時の未完漫画の4コマを1度だけ書いたりする人もいて
あの当時雑誌に残ってた方が良かったんじゃ・・・?と思わせる人が多くて
なんとも言えず後味が悪い

何だかんだでガンガンに残ってれば、
ピンチもあったけどそれなりに安定した仕事はあったし、
雑誌自体もこの騒動の後に鋼の錬金術師が連載開始したして、
結果論ではあるけど持ち直すことが出来たんだよね

当時「魔方陣グルグル」目当てにガンガンを読んでたけど
好きな漫画がいっぱいのってて面白い雑誌だなーと思ってたのに
いきなり色んな漫画が終わったり変になってショックだった…


160 本当にあった怖い名無し:2014/01/30(木) 22:52:16.81
>>119
かの「時をかける少女」が
エニックスからプレステ1のゲーム化されるっつー企画があって、
その守護月天の人がキャラデザやってたんだけど、
開発中止になったのって…

やっぱ、その関係なんだろーな。


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...