ホーム » テレビ » ドラマ/た行 » 特命戦隊ゴーバスターズ

762本当にあった怖い名無し:2014/02/17(月) 00:06:49.52
後味悪い戦隊っつーと、キョウリュウジャーの前の特命戦隊ゴーバスターズだな

13年前に赤と黄の父親が作っていた人工知能がウィルス感染して、
まあよくある「人間は必要ない!俺が世界を支配する!」てな思考に陥ってしまう。
暴走を止められないから研究所ごと異次元にワープさせることになる。
その時たまたま親に会いに来ていた赤と黄、研究所に見学に来ていた青は
この世界に残される

途中、異次元から戻ってきたという金、金が作ったサイボーグの銀が仲間になる。
そして判明する。
ワープとは、指定範囲あらゆるものをデータに分解し、別の場所で再構築すること。
しかし狂った人工知能がそれを許すはずはなく、
研究者たちのデータは人工知能に取り込まれて意識だけ残っている状態だった。
金はワープが行われた時、少し離れた場所にいたため大部分は難を逃れたが、
データの一部が取り込まれてしまった。
データが完璧ではないので目を覚まさず、
アバターを作ってこちらの世界に存在している。

親と金のデータという急所を敵に握られている状態なわけだが、
それでも果敢に異次元に乗り込み、人工知能を倒す(ここで研究者達あぼーん)
終わったと思いきや、人工知能の手下が
バックアップを用いて人工知能を復活させようとする。
そのバックアップの中に金のデータがある。
(弱みを握るために意図的に残してあったっぽい)
バックアップの奪い合いをするが、金のデータは手に入らず、
手下が揃えたバックアップを自分自身に取り込んで、自分が第二の人工知能となる。
その手下も撃破してめでたしめでたし。
金は死んだ。

どっかのコピペみたいだけど、マジでこれ。
主人公達は割と晴れ晴れとしていたけれど、
最初の目的だった「親を取り戻す」は達成できず、
視聴者も、金くらいは返ってくるんだろ?と思ってたけど、容赦なしだった。
そして「誰が人工知能にウィルスを流したのか」は語られなかった。
こっちの方面でも後味悪いです。


767本当にあった怖い名無し:2014/02/17(月) 00:51:10.59
>>762
仕方ないよ、震災直後の話だからね
超パワーで生き返る展開にはどうしても出来なかったんだとか・・・

769 本当にあった怖い名無し:2014/02/17(月) 07:53:44.30
>>762

海賊から戦隊見なくなったけどそんなオチだったのか

後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...