ホーム » 体験談 » その他体験談 » イタズラ電話

938
名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日:02/02/15 06:57

実際自分が体験した話。生きてて一番驚いたことだな。

その日は曇り。でもやけに暗い。4時頃なのに。(たまにあるでしょ)

電話がなっていたのでいつも通り出る。
我「はい○○です。」
奴「・・・」
我「もしもし」

奴「ガチャ」
切られた・・・イタ電かYOヴォケ!って思っていたら
電話「トゥルルルルル」
もっかい出る。

我「もしもし・・?」ちょっと怒りっぽく
奴「・・・・ゴホッ」女のようだ。
奴「・・・・」黙り込む

我「なんですか?」怒りながら
奴「ガチャ」
なんだよヴォケ!頃すぞ!
電話「トゥルルルルル」またかよ・・・

我「もしもし!悪戯はやめてく
奴「ギャァァァァァァァァァァァァァァァァァァ!!!!」絶叫。しかも長い。

我「!?」カナーリビビる。
我「・・・」漏れも黙る。というか声が出ない。

奴「・・ォ~・・・」僅かに洞窟に吹く風のような音がする。
漏れはここでビビって電話を切ってしまった。

イタ電・・・ならいいけど、その後から電話に出るのが恐ろしくなってしまった・・。



948
名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日:02/02/15 10:51

引っ越して電話番号が変わった直後の話。
それは決まって、火曜日と金曜日の夜11時ごろ。

トゥルルルル

私「ハイ(女の一人暮しだったので名前は名乗らないようにしていた)」
相手「俺だよ」(しかし全く聞き覚えの無い声)

私「どちらさまですか?」
相手「俺だよ、俺。忘れちゃったの?」
私「心当たりはありませんが」

相手「ひどいな、確かに俺が悪かったけどさ、そんな冷たくしないでよ」
私「本当に心当たりがないんです。どちらさまですか?」

相手「言わなくたってわかってるだろ?」
私「どちらにおかけですか?」
相手「君にだよ。決まってるだろ」

私「本当に、心当たりがないので切らせていただきます。」(ガチャ)

毎回ほぼ同じやりとり。2ヶ月ぐらい続いた。

切るとその日はもうかかってこないが、別の日にまた最初から。
自分で言うのもなんだが、当時18歳、田舎から上京したばかりの

世間知らずな娘だったので、毎回律儀に相手をしていた。

ちなみに最後の回は

相手「君がそんなに頑固な人だとは知らなかった。
   わかったよ、俺は身をひくよ、幸せになれよな…」

と向こうから電話を切った。
いったい何がわかったというのだろうか。

10年以上たった今でも気になっていて、後味の悪い思い出だ。


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...