ホーム » 小説 » 児童文学・絵本・昔話 » 人魚姫(アンデルセン童話)

33 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日:02/02/16 13:12
こども向けなら「人魚姫」も後味悪かった・・・・
好きな男の為に、声と引き換えに足を貰って告白しようとするけど
振り向いてもらえないうえ、
男を殺せば助かるというのに、それもしないで海の泡になって消えてしまう結末

それでも幸せでした、ってどこがだよ!?と
こども心に、解せなさ満開でした。


43 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日:02/02/16 14:19
>>33
「人魚姫」はキリスト教的世界観で書かれた童話だから
あれはあれでハピーエンドなのでしょう。
現世での刹那の幸福より天国での永遠の幸福ってやつ。

49 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日:02/02/16 15:07
>>43
でも人魚には魂がないから
泡になって消えてしまうのではなかったっけ?
からんでいるのではなくて
素朴に疑問です。

53 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日:02/02/16 15:25
>>49
手元に本がないから詳しく書けないんだけど
泡になるはずだった人魚姫は救われて
風の精として善行を積めば
魂がもらえて天国へ行けるというラストだったと思う。

54 名前:33 投稿日:02/02/16 15:42
>>53
神様が人魚姫を哀れんで、虹にしてくれた、っていう本もありました。
でも、原作では「泡になってしまったけれど、人魚姫は幸せに微笑んでいました」
じゃなかったかと・・・・
あんまり後味悪いので、後年救いを後付したってことはありませんか?

泡になってしまうのは、魔女に頼んで非合法に足を手に入れた報いだったような記憶があります。

 

完訳アンデルセン童話集 2 (岩波文庫)
完訳アンデルセン童話集 2 (岩波文庫)
人魚姫(絵本)
人魚姫(絵本)


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...