ホーム » 小説 » 小説/さ行 » 死児を育てる(野坂昭如)

802 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日:02/07/22 15:30
小説「死児を育てる」
野坂昭如の作なんだが「ほたるの墓」よりリアルで救いの無い内容。

戦争末期の日本。女の子の姉妹が田舎の親戚に疎開するがまともに食べ物を与えられず、
空腹に耐え切れない姉は妹用の粉ミルクを食べてしまう。
おなかをすかした妹は良く泣き、疎開先の家の人にうるさがられ
家から追い出され蔵で暮らすことになる。
姉はさらに妹の食べ物を横取し、妹が泣き出すと手をあげるようになり、
妹は徐々に弱っていく。
ある日村に空襲警報が鳴り響くと、姉は妹を蔵に置き去りにして自分だけ避難する。
空襲はたいしたことなく、ホッとして蔵へ戻ると、蔵の真ん中に黒い大きなかたまりが・・・
近づくと、黒いものはパッと十字に散り、下から赤いかたまりが現れた。
それは、ねずみに喰い荒らされ変わり果てた妹だった。

やがて戦争は終わり、姉は大人になり結婚し1人の女の子をもうけた。
夫も女の子を大変可愛がり幸せな生活であったが、
姉はその子に妹の面影が見えて苦しみついに殺してしまうのだった。

読んだ後しばらく、ウチで飼ってるハムスターに触りたくなくなったよ。


806 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日:02/07/22 20:32
>803
その話読んだコトあるよ。
娘が赤ん坊の時は、可愛いがるコトができるんだけど
死んだ妹と同じ年頃になると、娘が怖くなって
殺っちゃうんだったよね。
二人目の娘、殺った後に事件をして発覚・・じゃなかったけ

まぁ、野坂自身、この主人公と同じような体験してるしね
(妹の分の配給食料食べちゃって、妹死亡)

 

アメリカひじき・火垂るの墓 (新潮文庫)
アメリカひじき・火垂るの墓
(新潮文庫)


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...