ホーム » スレ別 » 後味の悪い話 その6 » 保健所

844 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日:02/10/10 14:17
私が4歳くらいの時、家に甲斐犬混じりの雑種がいた。
玄関先につないで飼ってたんだけど、無駄吠えしない賢いヤツだった。
ある朝新聞配達のオバさんが撫でようとして、手の甲を噛まれてしまった。
オバさんは治療代だけで許してくれたのだが、
近所の誰かが保健所に通報したらしく、処分される事になった。
何も事情を理解できない私は、檻に入れられた犬に向かって
「はやく帰ってきてね」と手を振って見送った。
犬はしっぽをちぎれンばかりに振っていたのを憶えてる。

たぶん、犬のほうも、もう帰って来れないとは思ってもいなかったんだろう。

いまでも、あの愛想をふりまいていた瞳を思い出すと哀しくなる。
何故、あの時親は連れて行かれないよう抵抗しなかったのか・・・。

一体、誰がわざわざ保健所に通報したのか・・・


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...