ホーム » 小説 » その他書籍 » バッドエンド

548 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日:02/12/18 19:45
小さい頃、ゲームブックシリーズのうちの一冊を買った。
呪いの日本人形が起こす事件を解決するために、ヒロインが
男女二人の友人と共に京都に向かう・・・というヌルいオカルト系。
さっそく読み進め、だんだん話が盛り上がってきた時

   人形の力が彼女達を襲った!
   「きゃああああ!!」
  ┌──────────────────┐
  │付属のカードの(A)のコマから      │
  │                      │
  │アイテムを使用する→右に2マス進む │
  │アイテムを使用しない→下に3マス進む |
  └──────────────────┘
付属のカードを取り出すと、紙面の説明とカードの造りがちょっと食い違っている。
が、とりあえず進んでみる。

  3人は日本人形の力の前に敗れた・・・(終)

ガッカリしつつもう一つの選択肢に進む。

 3人は時空のはざまをさまよい続ける・・・(終)

( ゚д゚)・・・・やむなく、手作業で続きっぽいページを探すが
いざカードを使うと、続いてないページや上記のバッドエンドにしか逝かない。
どんな名著よりも後味の悪い本でした。
他のシリーズのカードが入ってたか誤植満載だったのか・・・


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...