ホーム » 小説 » 児童文学・絵本・昔話 » 赤いまんま

792 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日:03/01/12 04:34
「赤まんま」はもう出ましたか? 似た話も多いですが…。

庄屋(しょうや)の蔵から小豆が盗まれた日。
村一番の貧乏家族の末の子供が「赤いまんま食うた」といい廻ってたことから、
あんなやつらが赤飯など食べられるわけない、と疑われてしまう。
村人に囲まれ、追い詰められた主人が泣きながら子供の腹を裂くと、
胃袋から赤土が出てきた。という訓話。


799 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日:03/01/12 14:02
「キジも鳴かずば撃たれまい」ってのと同じ?

801 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日:03/01/12 16:19
「キジも鳴かずば」の方は、本当に盗んでたのがバレる、って話じゃなかったっけ?

 そう考えると、無実の罪で子供が殺される、こっちの話の方が救いようがない


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...