ホーム » 小説 » 小説/あ行 » 或る「小倉日記」伝 (松本清張)

575 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日:04/01/10 00:42
松本清張「或る小倉日記伝」のあらすじです
昭和の初め頃の九州、小倉が舞台。
おそらく脳性麻痺だろうと思われる青年とその母親(美人)が主な登場人物。
青年は見た目こそアレだが、実は頭脳明晰。
でも時代背景もあり、周囲は彼に対して無理解であった。
それを不憫に思う母親。

576 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日:04/01/10 00:56
やがて彼は、明治期に小倉に軍医として赴任していた
森鴎外の足跡をたどることに熱中する。
鴎外は日記をつけていたのだが、小倉時代の分が失われていた。
彼はそれを補完する作業に生涯を賭けたのである。
献身的に支える母親。

しかし、戦争が激化し物資が不足する中、
体の不自由な彼は病気になり死んでしまう。
残された母親は、彼の残した山のような資料を
大事に持ったまま親戚に引き取られる。

戦後、鴎外の小倉日記が発見され、彼の努力は
水泡に帰した。

という筋。

青年が鴎外の著作に惹かれて行く過程や、
母親の愛情が、地味ながら詩情豊かに
描かれている。

 

或る「小倉日記」伝 (新潮文庫―傑作短編集)
或る「小倉日記」伝
(新潮文庫―傑作短編集)
西郷札―松本清張短編全集〈01〉 (光文社文庫)
西郷札―松本清張短編全集
〈01〉(光文社文庫)
或る「小倉日記」伝 (角川文庫―リバイバルコレクション)
或る「小倉日記」伝
(角川文庫―リバイバルコレクション)


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...