ホーム » スレ別 » 後味の悪い話 その17 » 特捜最前線

257 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・  投稿日:04/04/08 23:31
昔、消防の時、昼間「特捜最前線」の再放送してたんだけど
子供心に後味の悪い話しが多かった。

その中でも印象的だったのが、
「妹思いの優しい兄ちゃん(と言ってもオッサンだけど)が生きたまま焼殺される」みたいな話し。
確か、殺人現場を見られて、警察にチクられたと勘違いした犯人が
口封じで殺してしまったみたいなのだったけど、
実は殺された兄ちゃんは、おまわりに道を聞いていただけで
チクった訳でもないし、そもそも殺害現場も見てない。ってオチ
それを刑事に教えられて、「俺は何て事をしてしまったんだ」と泣き崩れる犯人。
そしてチリアーノの歌でエンディングへ…って流れが凄い余韻を残して、
ずっと殺された人が気の毒で、頭から離れなかった。
大人になった今見ても、「フィクションだしなぁ」と思ってそこまで気にならないんだろうけど、
子供って実話とフィクションの区別が付かないからなぁ


258 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・  投稿日:04/04/09 02:04
>>257
そう言えば 特捜最前線 と Gメンシリーズ は その傾向のストーリーだったね。

懐かしいなー (´д`)


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...