ホーム » 小説 » 児童文学・絵本・昔話 » おっとあぶない(マンロー・リーフ)

789 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2005/04/30(土) 16:04:39
自分は「おっと あぶない」という絵本がトラウマでした。
翻訳もので、単純な線で極端にディフォルメされたコミカルな絵柄なんだけど、
ハサミで遊んでるうち耳を切り落とした子どもとか
ビニール袋をかぶって冷蔵庫に入ろうとしてる子どもとかが描いてあって、
各ページに「これは~しようとしている○○バカ」
「これは~してこうなった○○バカ」という説明がついてる。
子ども心には、危険を知らせようとしてくれてると言うよりは、
頭から見下されたような口調が不快で後味悪かった。
いま思い出しても、適切な和訳だったとは、どうしても思えない。

 

おっとあぶない
おっとあぶない


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...