ホーム » スレ別 » 後味の悪い話 その26 » こたえてちょーだい!

913 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2005/05/17(火) 09:08:57
以前『答えてちょうだい』で当時小学生だった投稿者(A)が
家族と優しかった祖父母と生活していた時に起きた話

【真冬の夜、居間で家族と団欒中、
『Aちゃん、おじいちゃんもコタツに入れてあげて(席を立っていたおじいちゃんが居間に戻って来た)』と
言う祖母の声に、コタツで幅をとって座っていたAはテレビに夢中になってしまい、その声に気付く事も無く…。
しかしおじいちゃんは『大丈夫だよ、このままお風呂に入ってくるからさ』と言って風呂場へ。
冷えた体を温かい湯船に浸したおじいちゃんは、急激な体温の変化により心臓麻痺で逝去。
すると祖母はAに対し『アンタがおじいちゃんをコタツに入れてあげていれば……アンタがおじいちゃんを殺したんだ!!』と、
優しかった祖母はこの事故を境に豹変してしまい、
祖母から『お前は人殺しだ』と、責め立てられた環境でAは育ってきたという。
その後20年近く経った今でも祖母から無視され続け、
Aも結婚し子供も生まれたというのに、Aの祖母は曾孫も抱かない。

たしかこんな感じのお話でした。

自分的にはおじいちゃんの心臓麻痺の責任を、当時小学生だったAに全て押し付けて
今だに罵る祖母、何故Aの両親は祖母からAを守らなかったのかというのが後味悪いですね。


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...