ホーム » 小説 » 小説/な行 » 残されていた文字(井上雅彦)

668 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2005/06/16(木) 23:03:44
たぶんキングの短編。
雪山で遭難したカップルの
男のほうが書く日記形式で話が語られるんだけど、
救助がこないまま女が衰弱していって
ラストが

○月×日
彼女が目を覚まさない。
ああ神よ、私はどうなってもいい。だから彼女だけはお救いください。
          ・
          ・
          ・
救助隊がふたりを発見したとき、
男は女に覆い被さるようにして息絶えていた。
女のほうを調べていた隊員が叫んだ。「 おい、こっちは生きてるぞ! 」
男の願いは聞き届けられたのだ。
男の遺体と女を収容すると救助隊のヘリは飛び立っ

こんな感じで終るの。


675 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2005/06/17(金) 00:09:34
>>668
それ、井上雅彦の短編じゃなかったっけ?
女の人の身体に文章を書いていくやつ。

687 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2005/06/17(金) 02:15:54
668の、「女の人だけが助かった」>> 男の遺体と女を収容すると救助隊のヘリは飛び立っ という結末は、
実は男の方が女の人の身体に書きつけた「日記」のラストシーンで、
それを書き終えないうちに男の人の方が凍死してしまった…という落ち。
だから、実際には男の人も女の人も死んでしまったという凝った内容の
メタ小説だったと思う。

691 名前:687 投稿日:2005/06/17(金) 02:45:07
残されていた文字(井上雅彦)だと思う。
物語の魔の物語―異形ミュージアム〈2〉メタ怪談傑作選 徳間文庫

男の人の方が「女の人だけ奇跡的に助かる」というハッピーエンドを
「日記」に書き残そうとしたが、その最後の文章を書き残す途中で
息絶えてしまったということです。

手元に本がないのできちんと確かめられず、ぐだぐだな説明で申し訳ない。

 

物語の魔の物語―異形ミュージアム〈2〉メタ怪談傑作選 (徳間文庫)
物語の魔の物語
異形ミュージアム〈2〉
メタ怪談傑作選 (徳間文庫)


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...